リンス・トリートメント

リンスは頭皮につけない

リンス

リンスは、髪の毛の表面をコーティングし、キューティクルの傷みを防ぐ役割をしています。
頭皮につけてしまうと、毛穴を塞いでしまう可能性があるため注意。
リンスは、髪の毛だけにつけるようにしましょう。

リンスを使う量

リンスは、髪の毛の長さ、量、髪質によって、使う量が変わってきます。
洗髪の後に髪がベタつく場合は、リンスの量が合っていない可能性があります。
オイリーヘアの場合は毛先だけに使う、ドライヘアの場合は多めに使うなど、工夫してみましょう。

髪のパサつきが気になる場合

リンスやトリートメントをしても、髪のパサつきが気になる場合は、リンスの後に冷水を髪の毛にかけるようにしましょう。
こうすることで、毛根に水が浸透し、髪のパサつきを防いでくれます。

蒸しタオルでトリートメント

時間がなくてトリートメントがきちんとできない場合は、週に1回は蒸しタオルを使用したトリートメントがオススメ。
やり方は簡単で、髪にトリートメントをつけたら、熱い蒸しタオルで覆うだけ。
約10分パックするだけで、髪表面のキューティクルが開き、有効成分が行き渡るようになります。
ツヤや手触りが変わるので、仕事や家事で忙しい方にオススメの方法です。

プール後のヘアケア

プールには消毒剤が入っているため、水道水よりも塩素が多く含まれています。
プールで濡れた髪は、大きなダメージを受けているため、ヘアケアをきちんとしておきましょう。
プールから出たら、髪を水でよくすすぐだけでも違います。
休憩中に直射日光が当たる場合は、シャワーを浴びて髪をすすいでおけば安心です。

髪の毛サラサラ・シャンプー&グッズ

オススメの髪の毛サラサラ・シャンプー&グッズ アスロング